FC2ブログ

8月24日(日) 高野山研修

1泊2日で高野山のモラロジー研修に行ってきました。かつては自分の事務所の当番にあたる6年に1回しか参加してませんでしたが、ここ3年は毎年欠かさず参加している自分に驚いています。住吉・堺グループ盛んなるころは100名以上の参加がありましたが、今回は40数名ということでずいぶんと寂しくなりました。根本的に若い人が来たくなるような企画に変えねばなりません。そうでないと先人先輩に申し訳ない気持ちです。

講師はモラロジーの元常務理事の松浦勝次郎先生で、ここのところお話をよく聞いています。しかし大阪で聞くのと、この聖地で聞くのとはやはり入り方が変わってきますね。いかに場所とかタイミングとかが大事なのかがわかります。広池博士の話がほとんどでしたが、今回最高道徳の意味を再認識できたと思います。

モラロジーは聖人の実行してきた最高道徳を理解・実行し、最高品性を完成させるのを目的としています。この'最高' という事がキーポイントで、最高を目指さないと自らの不十分さを認識できないし、自己反省ができないということです。日ごろいかに中途半端な心で中途半端な実行をしていると痛感させられます。

今後は家庭においても職場においても、また日頃の人とのお付き合いの時も最高品性の完成を目指いして人心開発に努めてゆこうと思いました。
スポンサーサイト

8月10日(日) 夏休み

  昨日より5日間の夏休みに入ってます。本を大量に読もうと意気込んでおりましたが、たまたまゴルフの全米プロのメジャーの試合と重なってしまい、思うように進みません。また試合の方もまれにみる接戦で目が離せません。

  あすから東京に行きますので、新幹線の中を含め頑張って読んで行こうと思います。

8月6日(水) 林原家

  ”林原家”という極めてシンプルな題名の本を2日間で読みました。これは岡山の老舗会社で先日倒産した林原の元社長の懺悔本です。このての本はさっさと読めます。

  同族経営に関するヒントがあるかもという思いで読みましたが、本質が少しずれているかなと思います。同族会社の是非を語る以前にいろいろな原因で倒産に至ったようです。地域に貢献してきたのに残念です。

基本的に最終的な責任は社長にあると言うのが結論ですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR